更年期ラプソディ

精神年齢が胎児の夫にイライラさせられ反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

バグ

【スポンサーリンク】

あれから色々ありまして

結局6月にアメリカへ引っ越すことになりました。

飛行機のチケットを遂に買っちまっただよ。✈️

 

モンちゃんは2歳までアメリカで育ちましたが
当時のことは何も覚えてないらしく
彼女にとってのアメリカ生活は未知の世界です。

 

英語が話せない彼女が 
アメリカの学校に通うのは
試練の日々となることでしょう。

 

何事も経験。
全てはあなたの成長の為になるはず。

 

先日モンちゃんが
とても不安そうな顔をして
私に尋ねました。

 

『お母さん、心配なことがあるんだけど。』

 

『どうしたの?』

 

『アメリカに
カルパスはあるかな?』

 

は? え? は? 

カルパスってこれのこと?

 

f:id:weather330:20220219135647j:image

 

渡米を前に心配なことがこれて。😑

 

 

似たような物ならあるんじゃない?』

 

『良かった〜!!』

 

えーっと…

カルパスってそんなに大事か?

 

『他に心配なことはないの?』

 

『ない。』

 

ない…の…? なんで? 

よく考えてごらん?

 

『友達出来るかな?とか
英語話せるかな?とかは?』

 

『う〜ん…

 

英語がペラペラになって
日本語を忘れたらどうしよう?』

 

『それは日本語を忘れそうなくらい
英語がペラペラになってから心配してね。😑』

 

『じゃあ

ポッキーはある?』

 

一度おやつから離れようか?

 

『ポッキーは売ってるのを見たことあるよ。』

 

『ヤッター!!\(^o^)/
カルパスとポッキーがあるなら大丈夫。』

 

ヤッター!\(^o^)/

じゃねーわ。😑

カルパスとポッキーがあるなら大丈夫。

な訳ねーわ。😑

 

どう考えても
心配するポイントがバグってます。 
。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

 

【スポンサーリンク】