更年期ラプソディ

精神年齢が胎児の夫にイライラさせられ反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

ニューヨーク旅行で学んだ事①

【スポンサーリンク】

コロナ禍で旅行出来なくなった昨今

自由に旅していた頃の事を

懐かしく思い出す…(遠い目)

 

 

若い頃アメリカ映画にハマってからと言うもの

私の旅行先はアメリカ一択。🇺🇸

 

一択と言えどアメリカはアホほど広い。

州が違えば国が違うのかと思うほど

雰囲気も街並みも人種の割合も

何なら法律さえ違う。

 

流石に全ての州を巡るのは無理だが

主要な都市は制覇してみたい。

 

ハワイ、シアトル、ポートランド、ワシントンDC、

ロサンゼルス、ラスベガス、ソルトレイクシティ…

有給休暇を駆使して飛び回った。

 

上司から

『有給休暇は何かあった時の為に

少しくらい残しときなさい。』と注意されるほどに

お金と時間を唯一の趣味の旅行に費やした。

 

上司の忠告をサラリと無視し

目一杯有給休暇を使って

次の旅行先に選んだのはニューヨーク。

あの頃はまだ治安の悪かったニューヨーク。

(今も悪いけど当時はもっと悪かっただよ。)

f:id:weather330:20210613075438j:image

英語も話せない私が

一人旅でニューヨークは

少しハードルが高かったけれど

そこには友人M君(ゲイ)が住んでいるので安心だ。

ニューヨークは物価が高いので

ホテルは1泊$200〜しか見つからず

滞在中は彼のアパートに泊めてもらう事になった。

 

困った時は彼が助けてくれるだろうし

観光も彼が付き合ってくれるはず。

まぁ、何とかなるっしょ。

 

今となっては

そんな軽い気持ちで

旅立とうとしていた当時の私に

タイムマシーンに乗って会いに行き

やめとけ!

と両肩を掴みながら言ってあげたい…

ドラえも〜ん。

 

 

季節は冬。⛄️❄️ババヨは20代。✨🍋✨

シカゴ経由でニューヨークの

ラガーディア空港へ向かう飛行機の中、

ニューヨークが雪の為

着陸が難しいので行く先を変更しますとの

アナウンスが流れた。

 

え?え?え?どーゆーこと!?

 

騒つく機内、パニクるアタシ。

 

しばらくしてもう一度機内アナウンスが流れた。

よく分からないけどきっとこんな内容だった。

(広島出身ババヨ訳)

 

『ニューヨークは雪が降っとるけ

これからニューヨークじゃなくて 

フィラデルフィアに向かいますわ。

フィラデルフィアに着いたら

もう夜じゃけ振り替え便はないけぇね。

各自電車やらバスやらで移動しんさい。』

 

嘘っぉおお〜ん。😭

 

フィラデルフィアってどこよ?

そこから電車かバス???

無理無理無理無理無理無理無理

そんなの無理ぃ〜〜〜😭😭😭

 

一人で泣きそうになる私。

いや実際ちょっと泣いていた。

こんな事になるなら

真冬にニューヨークへ行く計画など

立てるんじゃなかった。😭😭😭

 

飛行機は無情にも

フィラデルフィアに着陸ジャンバルジャン。

 

あのぅ…

 

アタシ、

コレカラドウシタライイアルカ?

 

周りを見ると機内に異変が…

 

誰も飛行機から降りようとしない。

 

え?何?どーゆーこと?

 

突然乗客が叫び始めた。

 

『何でフィラデルフィアなんだ!』

 

『飛行機をニューヨークまで飛ばせ!』

 

そして始まった機内大ブーイング大会。

 

呆気に取られ

ただただお口ポカンの私。😲

 

いやいや、そんなワガママ言っても

フィラデルフィアに来ちゃった訳だし

ニューヨークは雪で着陸出来ないんだし

これは仕方ないんじゃ…

 

すると機長よりアナウンスが…

 

分かりました。

ラガーディア空港へ移動します。

 

飛ぶんかーい!!

 

飛行機は滑走路へ移動し

ニューヨークへと飛び立った。🗽

 

拍手喝采の機内。👏

 

乗客のパワーに圧倒されつつ

アメリカと言う国は

言えば何とかなるんだと学んだ。

 

これで着陸失敗されたら洒落にならないが

飛行機は無事ラガーディア空港に着陸した。

 

再び拍手喝采の機内。👏👏👏

 

『良くやった!』

 

『やれば出来るじゃん!』

 

次々と歓喜の声を上げる乗客。

 

やりゃ出来るって

アンタらが無理矢理やらせたやんけ!

いや、何はともあれ無事で良かった。😭

 

安堵したのも束の間

この波乱の幕開けが

これからの旅を既に予感していた…続く。

 

昭和な私が選ぶ

ニューヨークと言えばこの曲!

 

 

 

【スポンサーリンク】