更年期ラプソディ

精神年齢が胎児の夫にイライラさせられ反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

モンちゃんが救急車で搬送された話し②

【スポンサーリンク】

救急車は無事大学病院に到着した。

f:id:weather330:20200705214802j:image

 

看護士に熱を測る様に指示され

測ってみたがド平熱。

 

🕊安らかに眠る幼子🕊を見て

え?何で自分ら救急車で来たん?な空気が流れる。

 

ババヨ、針のむしろアゲイン。

 

救急隊員が空気を察し

『今は眠ってますが

お腹を抱えてのたうち回ってたので

タクシーに乗せられなかったそうで…。』

と看護士に伝えてくれた。

 

『あぁ、そうですか。

じゃあこちらで待ってて下さい。』

 

そのまま待合室で1時間以上待たされた。

 

救急車の意味…。ポソ。

 

やっと名前が呼ばれ診察室に入る頃には

眠さと疲労でフラフラだったが

若いイケメンの先生だったので

ちょっぴりテンションが上がるアタシ。⬆️

 

診察をしてもらいながら

イケメン先生に今までの経緯を伝えた。

 

『見た感じは大丈夫そうだけど

念のためにレントゲンを撮りましょうか?』

 

『お願いします!

 

先生、ありがとうございます。😭

 

モンちゃんは

苦しそうにお腹を抱えて

あんなにのたうち回っていたのだから

何も原因がない訳ないですよね?

母には分かります。異常事態だと言う事が。

 

レントゲン写真を見せながら

イケメン先生にこう言われるかも知れない。

 

『お母さん!

あと少し遅れていたら大変でしたよ。

早く来てくれて良かったです!!』

 

その時は

ホラね、救急車を呼んで正解だったでしょ?

と顔に書いてポケオを見つめよう。

 

そして

お世話になった救急隊員に御礼の手紙を書こう。

 

そんな妄想を暴走させているうちに撮影は終わり

レントゲン写真を持って

イケメン先生が戻って来た。

 

『お母さん!腹痛の原因がわかりました!』

 

緊張が走る…

 

レントゲン写真を光にかざして

イケメン先生は明るく言った。

 

『ガスが溜まってます。』

 

 

ガ…ガスって…

 

つまり 

 

屁? オナラ?

英語で言うとFart?

 

先生が笑いを堪えている様に見えるのは

目の錯覚ですよね?

 

『あ、そうでしたか。

ありがとうございました。』

 

 

マジか。😑

 

 

ウチの子、屁でのたうち回っとったんか…。😑

 

 

でも重病でなくて良かった!本当に良かった!!

お母さん、安心したよぉ〜。涙

 

とりあえず

救急隊員に手紙を書くのはやめておこう。

 

会計を済ませ

病院を出る頃には

外が白々と明るくなり始めていた。

 

帰りはタクシーに乗り帰宅。🚕

 

疲れた…

心身共にクタクタだよ、パトラッシュ。

 

あの時、ババヨちゃんが救急車を呼んだから

恥ずかしい思いをしたとポケオは言ったけど

うっせぇ

万が一の事があって

あの時、救急車を呼べば良かったと後悔するより

100億倍良かったと私は思っている。

 

〜例え結果が 屁 だったとしても〜

 

#母親の勘ってたまにハズレる

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

 

【スポンサーリンク】