更年期ラプソディ

精神年齢が胎児の夫にイライラさせられ反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

我が青春のカルロス・トシキ

【スポンサーリンク】

今月末からポケオが会社の研修で
一週間家にいないのですが
ここだけの話し楽しみで仕方ありません。


寂しいって演技するのを忘れてたので
慌ててちょっと寂しそうにしてみましたが
わざとらしいにも程があったと思います。

 

スケジュールを見たら
一週間じゃなくて
二週間だったらしく
それをポケオから聞いた瞬間
満面の笑顔だったらしいです。


北島マヤを憑依させるのが
間に合いませんでした。

 

ポケオに

『そんなに嬉しそうにしないでよ。』

と言われました。

 

そんなん

 

無理。 

 

ご飯はモンちゃんと二人で適当に済ませられるし

ポケオのイビキがうるさくて

毎晩睡眠不足だったけど

二週間も熟睡出来るなんて天国だわ。✨👼✨


『日曜日は休みだよ。』 って言ってましたが

『交通費がもったいないから
絶対に帰って来るな。』

と釘を刺しておきました。

 

最近昔の動画をyoutubeで観るのがマイブームで
80年代の歌謡曲をめっちゃ聴いてます。

f:id:weather330:20200313001853j:image

 

ポケオのイビキで眠れず殺意を抱きそうになる夜には

1986オメガトライブの

『Navigator』を聴きながら青春時代を思い出す。

あ〜あの頃の
カルロス・トシキは可愛かったな〜💕

ゴーンじゃないよ。トシキだよ。

 

カルロス・トシキって誰やねん?な

平成ジャンプ生まれのあなたはこちらへ

 

そんなに揺れんでもってくらい

小刻みに揺れるカルロスが初々しいね。😆

 

〜ブラジルで育った日系ブラジル人の彼は

日本で歌手になる事を夢見ていた。

 

お父さんから

『日本で歌手になるには

ブラジルで一番にならないと通用しない。

もし一番になったら

飛行機のチケットを買ってあげる。』と言われ

必死に練習を重ね

17歳の時にのど自慢大会で優勝。

 

お父さんは仕事で使う電話を売り

日本への片道チケットを

カルロスにプレゼントした。😢✈️

 

何のあてもコネもない状態で

18才の時に単身で日本へ渡り

言葉の壁、ホームシック、

カルチャーショックに涙しながら

アルバイト生活をしデモテープを送り続けた。

4年後にやっとチャンスを掴み

念願のデビューが決まる。

 

なぜ『君は1000%』なのかと言うと

ポルトガル語で

“100”のことを“セン”と言うそうです。

センパーセント=100%だと

今更知った2020。〜

 

カルロスの甘くて澄んだ歌声が大好きだったな。

 

動画巡りをしてたらこんなの見つけた。

『夜のヒットスタジオ』でドッキリ。

この時代は飛行機代も高かったし

ブラジルから日本まで

片道28時間〜30時間掛かった。

電話代も高くてなかなか話すことも出来ず

ずっと会えなかった両親とサプライズご対面。

真夜中にもらい泣きしちゃっただよ。😭

 

 

現在カルロスは55歳。

ご両親は既にお亡くなりになられているそうです。

親孝行出来て良かったねぇ。😭😭😭

 

昭和に浸る今日この頃…

ノスタルジックなマックのCMのせいかな?

 

昭和の人はこっち。😆

 

 

#懐かしぃ〜

#良い時代でした

 

 

 

【スポンサーリンク】