更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

友人C君のせいでアイダホ州で死にかけた話し(一度目)

【スポンサーリンク】

C君の実家(アイダホ州)へ遊びに行った時の事。

 

C君から『温泉へ行こう!』と誘われた。

 

当時、若さゆえに

NOと言えない日本人だったババヨは困った。

(ちなみに今は力強くかつ食い気味に

NO!と叫べる日本人です。キリッ)

 

昔から極度の貧血体質で

何度も気を失って倒れた経験がある私には

温泉なんてもってのほか。

 

しかもアイダホ州の温泉は野外にある。

季節は真冬。☃︎☃︎☃︎

雪の中で温泉に浸かるなんて

猿じゃあるまいし

一体何が楽しいのか全くわからない。

んなもん楽しい訳がない。

 

わしゃ寒いのもアウトドアも大っ嫌いなんじゃー!

 

アウトドア嫌いなのにキャンプへ行ったらこうなるよ👇🏻

 

 

嫌だ嫌だ

オラ絶対に行きたくねぇ😭

 

私は必死に言い訳を考えた。

普通に “ 貧血だから無理 ”と言えば良かったのだが

その時はなぜか違う言い訳を考えていた。

 

そしてC君に言った。

 

『水着ないからやめとく。』

(アメリカの温泉は水着着用が基本。)

 

するとその会話を聞いていた

C君ママンが言った。

 

『私の水着を貸してあげるから

行って来なさいよ!』

 

『あ.....はい。』

 

言い訳のインパクトが弱過ぎた事を心から悔やむ。

 

その夜C君に

アイダホ州の山奥にある温泉へ連行された。

ドナドナ ド~ナ~  ド~ナ~🐂

 

そこはプールみたいな温泉が

いくつもあって若者たちで賑わっていた。

 

アイダホってド田舎でやる事ないから

こんなしょっぼい温泉も

地元の人気スポットになっているらしい。

 

私はササッと入ってササッと出て

とっとと帰る作戦を頭の中で練っていた。

 

しかしC君は

『ここにある温泉に全部入ろうよ!』

と悪魔の提案をして来たのだ。

 

『う……うん。いいよ。』

 

今なら

『嫌じゃボケ。オマエ一人で行って来い。』

と何のためらいもなく言えるのに

なぜかあの時の私は言えなかった。

 

せっかく山奥まで連れて来てもらったのだからと

遠慮していたのだろう。

ババヨ ッテ カワユス。(๑•ᴗ•๑)

 

仕方なく渋々嫌々C君と温泉巡りをした。

 

大して変わり映えのしない湯船に

チャポンと浸かって……出て……

移動して……浸かって……出て……を繰り返す……

 

なんつーか……

 

 

クソつまらない。

 

一刻も早く帰りたい。

 

一時間くらいいただろうか?

 

『そろそろ出ようか?』

 

とC君が言った。

 

✨キターッ\(^o^)/✨

私は喜び勇んで脱衣所へ行った。

 

そして脱衣所で気を失い

あっと言う間に倒れてしまった。

 

何分くらい倒れていたのだろう?

ふと意識を取り戻すと

私はまだ脱衣所にいた。

 

個室だったので誰にも発見されないままだった。

 

一人で倒れて自力で目を覚まし

一人で起き上がると言う

世にも切ないパターン。・゜・(ノД`)・゜・

 

急いで着替えて外へ出ると

C君が心配そうに待っていた。

 

『ババヨ、どうしたの?

一体何があったの?』

 

私は貧血で倒れてしまった事を白状した。

 

優しいC君なら

『僕が無理に誘ったからごめんね。

大丈夫? ケガはない?』

と言ってくれるはずだった。

 

それなのに……ヤツは……なぜか……

 

ド、ド、ドリフの

 

大爆笑😂😂😂

 

 

え?これ笑うとこ???

 

C君はお腹を抱えながら

ヒーヒー笑い転げた。😂😂😂

 

は?何がオモロいん?

 

そして事もあろうか

家に帰ってから両親にその話しをバラしやがり

C君パパンとママンまでもが

 

ド、ド、ドリフの

😂😂😂大爆笑😂😂😂

 

いや、だから

何がオモロいんじゃー!!!

ヽ(`Д´)ノ

 

私はその瞬間、

日頃うっすらと感じていた疑問が確信に変わった。

 

#アメリカ人の

笑いのツボは

ぜってぇおかしい。⚱

 

うむ。間違いない。

 

なんか知らんがその話しは

C君の友人や親戚にも語り継がれた。

 

日本からノコノコやって来て

温泉でのぼせて脱衣所で倒れた女…

ババヨはレジェンドになった。☆。.:*・゜

 

で、何がそんなにオモロいんか

言うてみぃ!ヽ(`Д´)ノ

 

 

そして翌日、

またもや死にかける羽目になる事を

私はまだ知らなかった……

 

とぅびぃこんてにゅう☃︎☃︎☃︎

 

【スポンサーリンク】