更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

友人C君はディズニーランドのキャラクターの中にいた

【スポンサーリンク】

f:id:weather330:20191019152634j:image

 

C君は日本に来る前に

カリフォルニアのディズニーランドで

キャラクターの中の人をやっていた。

 

『本当はミッキーマウスになりたかったけど

身長が合わなくてダメだったんだ。』

 

『どのキャラクターになるか身長で決まるの?』

 

『そうだよ。

例えば背が高い人がグーフィーとかね。』

 

C君は175cmの中肉中背。

プルートの中に入っていたそうだ。

 

ある日、日本人の親子がやって来て

小学生の男の子が彼(プルート)に

サインを求めて来た。

 

C君は日本語を話せるので

その親子と日本語で会話をしたかったのだが

中の人は決して声を出してはいけないと言う

鉄の掟がある。

 

話せない……でも話したい……

 

そしてC君は最終手段に出た。

 

男の子の子が差し出したサイン帳に

こう書いたそうだ。

 

f:id:weather330:20191019150215j:image

          Σ(゚д゚;)

 

男の子は

『お母さん!凄いよ!

プルートは日本語を書けるよ!!』

と大喜びしていたそうだ。

 

これってアリなんか?

 

『ある意味夢を壊してる気がしないでもないけど

喜んでたなら良かったね。』

 

まぁ、自由の国アメリカだから

きっと何でもアリだ。🍿🍕🍟🇺🇸

 

『キャラクターが身長で決まるなら

私は何のキャラクターになれると思う?』

 

『ババヨは身長何センチ?』

 

『157cm。』

 

C君はつま先から頭のテッペンまで私を見つめ

5秒くらい考えた後にこう言った。

 

 

 

 『 Winnie the Pooh. 』

(くまのプーさん。🐻)

 

オメェ、身長じゃなくて

横幅で決めやがったな?💢

 

f:id:weather330:20191019151754j:image

#誰が半裸の熊じゃ。ヽ(`Д´)ノ

 

 

【スポンサーリンク】