更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

友人C君は天然1000%

【スポンサーリンク】

C君(アメリカ人・ゲイ)と出会ったのは

お互いが20代前半の頃だった。

もう25年以上前の遠い日……

 

C君はとても真面目で優しくて

誰が見てもハンサムな好青年。

つくづくゲイなのが勿体ない。

 

彼は東京に住み

とある大学で英語を教えていた。

 

その大学で夏期講習の募集があったので

C君は生徒の申し込み書類を整理していた。

 

すると上司が彼に言った。

 

『返信用の封筒の宛名の所に

“ 様 ” って書いておいて。』と。

 

この流れは日本人ならすぐわかる。

返信用の封筒に生徒が自分で書いた名前には

こんな風に敬称が書かれていない。

 

f:id:weather330:20191017183929j:image

 

大量にある返信用封筒の名前の下に

“ 様 ” と書くように指示されたのだ。

 

f:id:weather330:20191017183956j:image

 

まぁ、簡単な仕事だ。

 

 

相手が日本人ならね。

 

 

だがアメリカ人のC君は悩んだ。

 

彼は何を指示されたのか

理解していなかった。

 

悩んだ末に訳が分からないまま

上司に言われた通りに従う事にした。

 

さま?……さま……さまぁ......サマァ......

 

サマー!!(・∀・)✨💡✨

 

大喜利かっ!

 

C君は全ての封筒にこう書いてしまった。

 

 

f:id:weather330:20191017184025j:image

 

ウケる。

 

 

『何で Summer って書いたん?』

 

『だって 夏期講習だったから。』

 

夏期講習だからSummer🌞 。なるほどね。

 

って、なるほどちゃうわ!

 

 

まぁ、アレだ。

分からない時は聞こうね。

 

しかしこの件に関しては

アメリカ人に漢字で “ 様 ” と書けと

指示を出した上司の方が悪いわな。多分。

 

上司に叱られて落ち込むC君を慰めてあげた。

 

#夏が来ると思い出す

#今年も思い出したよ

#Summer🌞プ

 

【スポンサーリンク】