更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

ラスベガスの思ひ出

【スポンサーリンク】

来月のアメリカ帰省旅行を控え

『ユタだけじゃつまんないから

今回はカリフォルニアやラスベガスを観光しよう!』

などと言ってしまった事を

私は今激しく後悔している。

 

何故なら

 

ホテル代がめっちゃ

高いんじゃー!!ヽ(*`З´*)ノ

 

ラスベガスのホテルが安いと言われてたのは

昔の話し……今はちっとも安くない。

 

表面上は安い金額が提示してあっても

リゾートフィーと呼ばれる

訳の分からん代金が上乗せされる

ぼったくりシステムが作動。

 

そのリゾートフィーとやらが

一泊$40〜50取られるので

二泊する私たちは宿泊費以外に

$100近く払わなくてはならない。

 

軽々しくラスベガスに行こうって言った

私のバカバカー!!・゜・(ノД`)・゜・

 

 

私にとって三度目のラスベガス旅行。

f:id:weather330:20191016081232j:image

 

独身の頃に友達C君と行き

結婚してからモンちゃんが生まれる前に

ポケオと行った思い出の街。

 

あの頃はホテル代安かったけど……

あれから15年……

ラスベガスは変わってしまったのね。😢

 

ポケオと当時住んでいたハワイから

安い航空券でラスベガスへ行き

お金ないから無料のショーばっかり観て周った。

f:id:weather330:20191016070529j:image

ベラッジオの噴水ショーは綺麗だったなぁ〜✨

 

2泊3日、朝昼晩意気揚々と

ビュッフェ巡りをした結果……

 

めちゃくちゃ太った。🐽

 

ラスベガスと言えばビュッフェじゃん?

調子に乗って毎食ビュッフェ食べるじゃん?

待っているのは毎回食べ過ぎると言う運命。

そして朝昼晩と顔を見合わせては

『太ったね。』って言い合う二人。🐷🐷

 

人間ってこんなにも

急速に太る生き物なのだと知る。

 

C君(アメリカ人・ゲイ)と行った時は

ホテル代節約の為に三人で行く予定だったのに

一人にドタキャンされC君と二人で行く事に。

 

ゲイと二人旅……

まぁ、ええけど。

 

部屋で二人っきりになった瞬間

『実はゲイじゃありましぇーん。』

とか

『ゲイだけどバイだお。』

なんて言い出したらどうしよう?と

一抹の不安がなかった訳ではないが

私の心配をよそにC君は

バリバリのゲイだった。👨❤👨

 

その頃私はC君とよく遊んでいた。

一緒にい過ぎて

彼氏と間違われるのが迷惑だったが

C君の実家へ行ったり

二人で温泉に行って死にかけたり

スノーモービルして死にかけたりした仲だ。

(C君にまつわるエピソードや

このやたら死にかけた話しは

長くなるのでまた今度。)

 

C君と高い塔(名前忘れた)に登ったり

シルク・ドゥ・ソレイユのショーを観たり

基本ギャンブルはしない私たちだが

せっかくラスベガスに来たのだからと

ギャンブル場を二人でウロウロした。

 

そこで見付けた

よくゲームセンターで見かける競馬のゲーム。

🏇🏇  🏇    🏇   🏇  🏇

 

しょっぼいゲームなので当然誰もやってない。

 

『これ、やってみない?』

 

『いいよ。』

 

大きなゲーム台に二人でちょこんと座る。

後はオモチャの馬に賭けるだけ。🏇

単純かつ極めてアナログで昭和。

 

これが思いの外楽しかった。

いや、ゲーム自体はつまんないんだけど

C君と競い合ううちに大興奮し

大盛り上がりの大騒ぎ。

 

そろそろやめようか〜と

周りを見渡したら

さっきまで二人だけだったのに

気が付けばゲーム台が満員御礼、

ギャラリーまで沢山いた。

👤👤👤👤👤👤👤👤👤👤👤👤👤👤👤

 

私たちがあまりにも楽しそうに

ギャーギャーワーワー騒いでいたので

面白いゲームだと勘違いさせてしまったらしく

人がワラワラ集まって来ていた。

 

いやこれ、そんな面白くないっすよ?

 

その場を離れながら

私はC君に

『私たち、プロのさくらになれるね。』と言った。

 

そんなこんなで

朝5時までギャンブル場を徘徊し

部屋に戻って昼まで爆睡。

一泊二日の弾丸ツアー。

今はもう無理。若いって素晴らしい。

✨\(^o^)/✨

 

次は家族三人で2泊3日のラスベガス。

どんな旅になるのやら?

 

🐷🐷🐵

 

ちょっぴり怖い。

 

 

【スポンサーリンク】