更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

あなたの知らない更年期の世界①

【スポンサーリンク】

40歳を過ぎる頃から

体に様々な異変が起き

更年期になると

それはそれは色々な症状に悩まされる。

 

新婚当初はポケオが暑いと言う日に

私は寒いとさえ感じていた。

 

それが今や……

 

『何か暑くない?』

 

『え?全然暑くないよ。』

 

この会話が何度も繰り返され

私の体感温度が狩猟民族を越えた事を知る。

 

職場の上司との面談で

『何か困っている事はないですか?』

と聞かれて

『暑いです。』と答えたら

『え?そうですか?

他の方は寒いって言うんですよねー。』

と言われてしまった。

 

『あ、じゃあ寒いが正解です。』

と答えるしかなかったババヨ。

 

まるで一人だけ違う世界に住んでいる様だ。

 

つくづく普通の女の子に戻りたい。

 

 

先日モンちゃんとお出掛けした時の事。

 

バス停までの道のりを

二人で歩いていたら

何だかスカートが濡れてる気がする。

 

触ってみると確かに濡れている。

 

咄嗟に頭に浮かんだワード。

 

それは

 

f:id:weather330:20190923072747j:image

 

 

 

年を取ると残尿感に悩まされる。

 

しかし今や “ 残尿感 ”からステージアップし

“ 残尿 ” が一番の悩みだ。

 

“ 感 ”

などと言うなまやさしい物ではなく

 

ザ・尿。

 

それは残酷な程にダイレクト。

 

 

 

私は焦った。

 

これからバスに乗るのに

尿など垂れ流している場合ではない。

 

一旦家に帰って着替えなくては……

 

いや、待て。

そもそもこれは本当に尿なのか?

 

うーん……雨も降ってないし……

 

やはり尿しか考えられない。

 

さて、どうする?

 

考えている間に

スカートの濡れている範囲が

どんどん広がっている。

 

私はとうとう

尿を漏らしている感覚さえ感じない程

老いぼれてしまったらしい。

 

 

情けない思いを抱えつつ恥をしのんで

モンちゃんに打ち明けた。

 

『なんかさー、

お母さんのスカートが濡れちゃってるんだよねー。』

 

モンちゃんは1秒で答えた。

 

『水筒の水が漏れてるんじゃね?』

 

え? そうなん???

 

急いでバッグの中を確かめたら

水筒から水が漏れていた。

 

よがっだぁーーー😭

尿じゃながっだぁーーー😭

 

 

更年期あるある言いたいよー

 

更年期になると

余計な心配事が増えて

真実を見失いがち。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】