更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

ババヨの大冒険⑧〜大晦日編〜

【スポンサーリンク】

大晦日はMちゃんちでカウントダウンぱーりー。

 

はい、いつものメンバーですっ。笑

f:id:weather330:20190723071648j:image


食事の後はゲーム大会。🎮

f:id:weather330:20190723071719j:image


Mちゃんちの近所に住んでる家族が
参加してたんだけど
娘ちゃん(17歳)がデヴィッドの大ファンで
事前にデヴィッドの妹たちが来ると聞いていたらしく
ジャジーとアンバーを見て大興奮。


彼女は10年前から
デヴィッドと結婚する事を
ずっとずっと夢見ていたそうで
12月28日のデヴィッドの誕生日には
自分でケーキを買って
ひっそりとハッピーバースデーを歌ったそう。🎂
純粋で可愛いなぁ😍


お母さんが
私に色々と質問して来る。


『デヴィッドの妹たちと
どうやって友達になったの?』


『うーん…去年の夏に初めて会ったけど
彼女たちが日本が大好きで
今年の夏にジャジーが日本へ遊びに来てくれて
仲良くなって…』


『デヴィッドには
ガールフレンドはいるの?』

とズバリ聞いて来たママンの眼差しが

本気過ぎて怖い。


『いたけど別れて今はフリーみたいだよ。
私は結婚しちゃってるから残念だわぁ〜。』


と、アメリカンジョークを飛ばしてみるが
全く笑わない二人。😑😑


ババヨ、ダダ滑りぃ。⛷


『デヴィッドは今どこで何をしてるの?』

大きな瞳をウルウルさせる娘ちゃん。


『それなら妹たちに直接聞いたら?
私にはわからないから。』


『もしそんな質問をして
笑われたら恥ずかしいから聞けない…。
妹たちに聞いてくれる?』


ワシが笑われるのはええんかいっ‼︎


まだ17歳の女の子には恥ずかしいのねー。

だから恥ずかしい事など何もない

今更失う物など何もない

49歳が聞きゃいいのねー。

(去年の話しなのでまだ49歳だよん。)


はいはい、わかりやした。


とは言え


『ねぇねぇ、
デヴィッドは今どこで何してるのぉ?

きゃぴっぴっ。⸜(* ॑꒳ ॑*)⸝』


って聞く49歳の方が

よっぽど

恥ずかしいんじゃっー!!!

な事に気付いたので
30代のAちゃんを巻き添いにし
Aちゃんから聞いてもらった。


アンバーによると
今夜の予定をデヴィッドに聞いたら
どこかのお家のパーティーに呼ばれてたらしく
デヴィッドはそちらへ行ったと。


そのまんまの情報を母娘に伝えると
ガッカリした表情の娘ちゃんに

『彼は間違った選択をしたわ。』
険しい表情のママン。


お母さん、怖いってば。

((((;゜Д゜))))

 

その後母娘は
ジャジーとアンバーに声をかけて
楽しそうに談笑したり
一緒に記念撮影をしたりしていた。 


娘ちゃんに

『良かったね!』って声を掛けたら
とても嬉しそうに頷いた。


彼女の幸せそうな顔を見て
嬉しくなった気持ち半分、
ジャジーとアンバーは
どんな気持ちだったか想像すると
複雑な思いだった。


彼女たちはもう大人なので
始終にこやかに接していたけれど
同じ様なシチュエーションを
何百回も経験したであろう彼女たち…

ジャジーが言っていた

"私はデヴィッドの妹としてしか扱われない"

と言うのはこう言う事なんだろうなと思った。


でもそれは全てが悪い事ではなく
きっと良い事も沢山あったはずだ。
彼女たちが良い面に目を向けて
注目を浴びる度に
ストレスを感じなくなればいいなぁと思った。


いよいよ、明日は帰国。

早朝のフライトに備えて早めに帰宅。


パッキングを済ませ寝ようとしていたら
ジャジーから

『お土産を渡すのを忘れたから
これから持って行く!(・ω<) テヘペロ』と連絡が。


相変わらずのドジっ子ジャジ子ちゃん。


クララと一緒に
真夜中1時30分に届けてくれました。

紙袋2袋分と言う

結構な量のお土産を。

(割れ物含む。)


パッキング最初っから

やり直しやんけーーーっ‼︎
😭😭😭 


寝させろやっ‼︎


深夜に急いでパッキングゥ〜😭👍👍

 


最後の最後まで

濃い旅でした。😆

 

 

【スポンサーリンク】