更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

極貧ハワイ生活〜ハワイで不妊治療⑥〜

【スポンサーリンク】

⑤からの続きだよ☝️

 

私たちが通っていた不妊治療の病院は

母体の状態や

卵子の大きさのタイミングに合わせる為

1年365日無休だった。

 

主治医が付くのではなく

病院に行った日の担当医が

検査をするシステムだったので

行く度に違うドクターに当たる。

 

アジア系の若いイケメンドクターが担当の日に

受精卵を戻す時の為の

細々とした検査を受けた。

 

検査の最中、

私に付き添って来たポケオに

イケメンドクターが

『中を見てみたい?』と聞いた。

 

な……中って?私の中っすか?

 

『絶対に断れ!』

と念力を送ったが

NOと言えないアメリカ人のポケオは

素直に『はい。』と答え

イケメンドクターと一緒に

私の股の間に立った。

 

イケメンドクターは

器具を使って中を広げ説明を始める。

フムフム頷くポケオ。

 

フムフムじゃねーわ!ヽ(`Д´)ノ

 

ってかこんなんアリ?

 

 

🇺🇸さすが自由の国アメリカ🇺🇸

 

♬︎奥さんの股間を一緒に見るイズ フリーダム♬︎

と犬井ヒロシに歌って貰いたい。

 

夫と夫ではない男性の前で

ババヨのラビリンスをさらけ出すと言う

それいらんやろが!な謎の工程を耐え抜く。

 

その数日後に卵子の数を調べる検査を受けた。

 

超音波で卵子の数を見てくれたのは

爺さんドクター。

 

超音波の画面を見た瞬間ため息を付きながら

『5個くらいしか見えない。

こんなに少なかったら

顕微授精を成功させるのは無理だな。』

と言った。

 

始終不機嫌な爺さんドクターの

無神経な発言に凹んでしまった。

 

翌日卵子を採取する担当をしたのは

眼鏡をかけた優しそうな

アナザー爺さんドクター。

 

看護士さんが私の耳元で

『あなたはラッキーよ!

彼はこの病院で一番腕の良い医者なの。

超音波の画面で見える数より多く

卵子を採取出来るのは彼だけよ。』

と囁いた。

 

全身麻酔で眠らされ

何がなんだかわからないまま

目覚めると全てが終わっていた。

 

『15個も取れたわよ。』と

看護士さんから教えてもらった。

 

前日には5個と言われていたのに

こんなに沢山取れるなんて

噂通りの凄腕ドクターだ!✨\(^o^)/✨

 

その頃ポケオは

精子を採取する手術を受けていた。

 

ポケオの場合は

通常の愉快で楽しそうな方法ではなく

タマタマをメスでカットして

精子をガリガリ掻き出すと言う

手荒い手法だった。

中世ヨーロッパの拷問でさえ

ここまで残酷な事はしないであろう。

 

場所が場所だけに

麻酔が効きにくいので

物凄~~〜〜く痛いらしい。

 

帰宅する途中で

ポケオがスーパーマーケットに寄って

グリンピースとスィートコーンの

冷凍食品を一袋ずつ買って来た。

 

家に帰り椅子に座ると

そのグリンピースとスィートコーンを

袋ごと交互にタマタマの上に乗せていた。

 

……汚ねぇ。

 

『ちょっとー

食べ物を使うのやめてよ!』

 

『だってお医者さんが

タマ君を冷やすなら

グリンピースかコーンがいいよって言ったから。』

 

まさかの

医療従事者推奨。🏥

 

(ちなみにポケオは

自分のタマタマを愛情を込めて

“キン君、タマ君” と呼んでいた。

この度、名誉の負傷をしたのは

タマ君の方だった事をこの時知った。)

 

『そうなん?

じゃあいいけど

 

それ、

自分で食べてね。

 

 

次の日、

採取された卵子と精子で

受精卵が12個作れたと

病院から電話があった。

 

日を追う事に

受精卵の成長が止まり

徐々に数が減って行った。

 

移植する日まで

何個生き残れるのか……

ドキドキの毎日だった。

 

 

•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚

 

この頃、ポケオは

将来生まれて来る子どもの名前を

楽しそうに考えていた。

 

『ハワイで生まれるから

ハワイっぽい名前を付けたいな。』

 

『どんな名前?』

 

『男の子だったら……

 

 

くじら。

 

 

 

女の子だったら……

 

 

まぐろ。』

 

 

ポケオの名付けセンスが

完全に常軌を逸しているので

子どもの名前は私が決める事にした。

 

f:id:weather330:20190515120259j:image

🐟🐟🐟まぐろちゃん回避。🐟🐟🐟

 

【スポンサーリンク】