更年期ラプソディ

精神年齢が胎児の夫にイライラさせられ反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

極貧ハワイ生活〜ハワイで不妊治療⑤〜

【スポンサーリンク】

前回☝️ポケオの事を

あざ笑っていたババヨだが

不妊治療は

圧倒的に女性側の負担が大きい

と言う現実をすぐに知る事となる。

 

男性はカップを渡され

個室に篭もり

精子を搾取バイマイセルフで終了。

なんか楽しそうだね。

 

しかし女性は(体外受精、顕微授精の場合)

卵子を大量に育て取り出し

受精卵を子宮に戻さなければならない。

この過程で毎日薬を飲んだり

注射をしたり体への負担は半端ない。

 

私は注射が大嫌いなので

注射の時間が怖くて怖くて仕方なかった。

 

しかも注射するのは

看護士さんではなくポケオ。

 

〜恐ろしさ

50%増量(当社比)〜

 

なぜポケオが注射するかと言うと

アメリカは病院の人件費が高いので

看護士さんにお願いすると

注射を打ってあげました代を請求される。

(めっちゃ高い💰)

 

だからほとんどの人は自分で注射する。

 

私の場合、どうしても

自分で自分に針を刺すのが

絶対に嫌っ!無理っ!

だったのでポケオにお願いしたのだ。

 

朝と夜、毎日同じ時間に

お腹と腰に注射をするのだが

これが涙が出るくらい痛くて痛くて😭

 

お腹は痣だらけになり

腰の注射は

ポケオが注射針を間違えると言う

大失態を繰り返し

毎日が✨🏮夏の流血祭り🏮✨だった。

 

しかも針を間違えてる事に気付かなくて

病院に使用済みの注射を返しに行った時に

やっとポケオの間違いが判明。

 

黄体ホルモンを吸い上げる用の太い針から

刺す用の細い針に取り替えなければならないのに

ポケオは何か勘違いしてたのか

忘れていたのか

私に薬を吸い上げる用の

ぶっとい針をそのまんま刺し続けていたのだ。

 

看護士さんが

真っ青になって

『まさかこっちを刺してたの?』とポケオに聞いた。

 

ポケオが頷くと

看護士さんは私を抱きしめ

『痛かったでしょ?

あんな太い針、私だって怖くて刺せないわ!』

と言った。

 

プロでさえ恐ろしくて

刺せない程の太い針を

毎日嫁に突き刺していたポケオ。

君ってサイコパス?

 

あー、だからあんなに痛かったんだ〜

だから毎日流血してたんだ〜😭😭😭

 

今日からはあんなに痛い思いをしなくても

良くなるのねと安心した。

 

新しい注射針をもらって帰る時に

病院のエレベーターの前で

ポケオがシクシク泣き始めた。

 

はぁ?一体何の涙よ???

 

ポケオは泣きながらこう言った。

 

『僕はバカだ……

僕は何も上手に出来ない……シクシク。』

 

ババヨちゃんに痛い思いをさせてごめんね、の

涙じゃないんかいっ!ヽ(`Д´)ノ

 

予想外の

ティアーズオブ自己憐憫。

僕ちゃん可哀想の涙。😢

 

 

ポケオのハートは

シャボン玉で出来ている。

 

ガラスのハートは

衝撃を与えると壊れるが

シャボン玉ハートは

誰も壊そうとしていないのに

勝手に壊れる。

 

つくづく面倒臭い。

 

しかしこれ以上落ち込ませると

もう注射を打ってくれなくなる可能性があるので

私は必死にポケオを励ました。

 

『大丈夫だよ!

誰だって間違いはあるし!

今日からまた頑張れば良いじゃん!』

 

ポケオは泣きながらコクンと頷いた。

 

私はポケオの肩を抱きながら思った。

 

馬用レベルの太い注射針を

毎日打たれ流血していた私の方が

慰められたいんですけどぉ。。。

 

 

🌷不妊治療の病院へ行くと

その病院で授かった赤ちゃんの写真が

沢山飾ってあった。

 

特に可愛らしい双子ちゃんの写真に

目を惹かれ憧れていた。

 

いつか我が家にも

こんな可愛い赤ちゃんが来てくれるかな?

 

赤ちゃんの写真を眺めるのが

私の癒しの時間だった。🌷

 

f:id:weather330:20190515072000j:image

 

【スポンサーリンク】