更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

占いって当たる?信じる?当たると評判の占い師さんに会ってみた

【スポンサーリンク】

皆さんは占いを信じますか?

 

私は信じません。

ババヨはクリスチャンなので

占いには頼らないし

実際占い師に本格的に

占って貰った事もない。

占いなんて誰もが当てはまる事を

適当にフワッと言って

当たってると感じさせてるだけじゃないの?

 

と思っていた。

 

彼に出会うまでは…。

 

あれは4年前。

地元広島へ遊びに行った時に

友達Aちゃんからよく当たると言う評判の

手相占い師がいるから

一緒に見てもらいに行かないか?と誘われた。

 

当時はお店で飲み物を注文すると

一人10分だけ

手相を見てもらえると言う

システムだったので

あんまりお金掛からないならいいやと

軽いノリ半分、冷やかし半分で

Aちゃんの誘いに乗った。

 

広島の繁華街の『着茶や』と言うお店に着くと

既に若い女性たちばかりの

長蛇の列が出来ていた。

 

凄い人気なんだねぇ〜と

カウンターに座り

Aちゃんとジュースをチュウチュウ飲みながら

自分たちの順番を待っていた。

1、2時間くらい待っただろうか?

 

(Aちゃんとバカ話しや思い出話しをしていたら

あっと言う間に時間が過ぎてしまったので

実際どれくらい待ったか記憶にない。)

 

ようやく私たちの番が来た。

 

30歳独身のAちゃんは

恋愛や結婚について占ってもらい

46歳既婚のババヨちゃんは

恋だの愛だの今更どーでも良いので

何を聞けば良いのか迷っていた。

 

ドキドキしながら

手相占い師・天道泰幸(てんどうやすゆき)さんの前に座る。

f:id:weather330:20190427173746j:image

 

“天道”って凄い芸名(占い師名?)だなって

思ったら実は本名なんだそう。

 

天道さんは手のひらに

グゥーッと顔を近付けて

一生懸命手相を見てくれた。

 

最初に言われた一言が

『引越し多いですね。』だった。

 

マジっすか?!😱

 

実を言うと私は

生まれてから10回以上引越しを繰り返し

結婚してからも

6回引越しをしている。

 

当時、田舎町に住んで

3年目を迎えていたが

辛い事やしんどい事が重なり

私はその町から

脱出したくて仕方なかった。

 

でも田舎大好きで

その町での暮らしを

気に入っていたポケオが

引越しを嫌がっていた。

 

こんな事が手相に書いてあるかどうかは

わからないけれど

引越しについて相談してみた。

 

天道さんは

グッーっと手相を見ると

『8月に引越ししますよ。』と言った。

 

『え?今6月ですよ?

何度も引っ越したいって話したんですけど

主人が嫌だって反対してるから

2ヶ月後に引越しなんて有り得ないです。』

 

私はポケオから

『もう引越しの話しはしないで。』

と言われていたので

田舎脱出計画を半ば諦めていた。

 

天道さんは

『あと一度だけ

引越しの話しをご主人さんにしてみて下さい。

そしたら8月に引越し出来ますよ。』

と言った。

 

『わかりました。話してみます。』

 

そうなれば嬉しいけど

きっと無理だろうな……。

 

『それと

本人はここにいないんですけど

娘の将来が気になって…。』

 

『名前と生年月日で

ある程度の事はわかります。』

 

モンちゃんの名前と生年月日を告げると

天道さんはササッ計算を始めた。

 

幼稚園の年少さんで自由人と呼ばれ

年中さんで自由人と呼ばれ

年長さんで自由人と呼ばれた

クイーンオブ自由人のモンちゃんは

一体どんな職業が向いているのだろう?

 

天道さんは顔を上げると

神妙な顔で

 

『この子は……

公務員とか銀行員とか教師……』

 

え?え?え?そうなん?

モンちゃんって実はそうだったん?

 

『みたいな堅い職業は

 

絶対に無理ですっ。』

 

と言うと両腕で大きく❌を作った。

 

モンちゃんの性質を

よく知るAちゃんが

間髪入れずに

 

『でしょうよ!』

 

とツッコミを入れた。

 

天道さん、

言い方が紛らわしいのはさて置き

お主デキルな?

 

『他に何か見て欲しい事はありますか?』

 

『私はどんな仕事が向いてますか?』

 

その頃スーパーで

レジのオバチャンをしていたのだが

明らかに向いてなかったので

仕事がつまらなくて苦痛で仕方なかった。

 

46にもなったオバハンに

新しい仕事の相談をされたって

天道さんも困るだろうが

もしかすると遅咲きの大輪が

狂い咲きするかも知れないではないか。

 

天道さんは

またもやグーっと私の手のひらに

顔を近付ける。

 

『ババヨさんはね、

何か芸術的なって言うか

クリエイティブな才能があるんですよ。

何て説明したらいいかな……

そっち方面でやりたい事ありますよね?』

 

『あー、文章を書くのが好きだから

エッセイストになりたいなぁって

思った事はありますね。

子育てで忙しくて辞めちゃったんですけど

ブログを何年かやってた時期もありました。』

 

『それだ!それですよ!

またブログやって下さい!

そうしたらババヨさんは有名になります。

50歳を過ぎてから53歳くらいまで

忙しくなりますよ。』

 

え?

50過ぎてから有名なんてある?

50過ぎた頃には専業主婦になって

家でゴロゴロするのを夢見ていた私は

忙しくなると言う言葉にショックを受けた。

 

ワシャ忙しくなんか

なりたかねぇぇええええ。

 

天道さんは横に座っていたAちゃんに

『今からババヨさんに

サインを貰っておいた方がいいですよ。

僕も貰っておこうかな?』と言った。

 

天道さんってば

リップサービスお上手。オホホホ。

今はプライベートなんでちょっとぉ、

事務所を通して下さいね〜。👺

 

ババヨは上機嫌でお店を後にした。

そうか、私はまたブログをやればいいのか。

 

 

 

帰り道、Aちゃんに

 

『サインしとこうか?』って聞いたら

 

食い気味に『いらないっ。』って言われた。

 

 

‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦

 

帰宅してから

天道さんの

『あと一度だけ』と言う言葉を信じて

勇気を出して

ポケオに引越しの話しを持ちかけてみた。

 

ポケオは呆れた顔をしながら

『だからその話しは

もうやめてって言ったでしょ?』

そう言ってため息をついた。

 

『それはわかってるんだけど

最後に一度だけ考えてみて。

ポケオがどうしても嫌ならもう諦める。

返事は明日でいいから。』

 

翌朝、ポケオは目覚めて

開口一番私にこう言った。

 

『引越ししよう。』

 

一体ポケオに

どんな心境の変化が起きたのかわからないが

私は飛び上がる程喜んで

すぐに準備を始め物件を探した。

 

スルスルとスムーズに手続きを終え

私たち家族は8月に無事引越しを終えた。

 

✨天道さん、すげぇっっっ‼️✨

 

結局色々と忙しくて

延び延びになってしまったのだが

重い腰を上げてようやく

作ってみたブログがこれ。

 

こんなんで良いのかどうかはわからないが

天道さんみたいに

人の気持ちを前向きにしてくれる占い師さんは

とても素敵だなぁと思った。

 

天道さんはその後独立して

大阪や名古屋、東京にも

出張鑑定しているらしい。

タイミングが合えばぜひ会いに行きたい!

 

そして直接天道さんに

4年前のお礼を言いたいと思う。

 

興味がある方は天道さんのブログを

覗いて見てね。👇🏻✨

 

HPはこちら👇🏻✨

 

YouTubeも発見!👀

 

 

【スポンサーリンク】