更年期ラプソディ

反抗期真っ只中の娘に虐げられる日々…更年期の母による涙の手記。


スポンサーリンク

ジャイアントコーン盗難事件

【スポンサーリンク】

毎日ポケモンGOをやっているポケオは
中身が小3の41歳。

 

f:id:weather330:20190411230117j:image

 

 

ポケオが

『これからスーパーへ行くから
ついでに

アイスクリームを買って来てあげるよ。
何がいい?』と聞いた。


モンちゃん『スーパーカップ!』


ババヨ『ジャイアントコーン!』


私がスーパーへ行く時は
荷物が増えるのが嫌だから
何も聞かずにササッと行ってしまう。
こんな時、
ポケオって優しいなって思う。
ノロケ。🥰


ポケオが買って来てくれた
ジャイアントコーン。
いつ食べようかな?


今は夜だからやめておこう。
明日は仕事だから
仕事に行く前?

いや、朝からアイスはないな…
と考えている間に
2日間食べるタイミングを逃し
仕事が休みの今日、
遂にゆっくり食べれる時が来た。


ウキウキしながら

冷凍庫を開けると
あれ?ジャイアントコーンがない⁉︎


これはモンちゃんの仕業に違いない。


『給食はおやつ』
と断言する食欲旺盛のモンちゃんは
容赦なく冷蔵庫の中にある物を
片っ端から食べ尽くし

我が家のエンゲル計数を跳ね上げさせる。


"オマエの物はオレの物"の
ジャイアニズム精神にのっとり
無断でハム、ベーコン、卵などの食材を初め
作り置きのおかず、
非常食用の缶詰にまで手を出す
恐怖の飢饉メーカー。


一人っ子(いや、一匹っ猿?)なので
"人と分かち合う"と言う概念がないのか
3個入りのプリンも
3個パックの納豆も
5個入りの菓子パンも
あっと言う間に一人で一気食い。

私に何度もブチ切れられている
前科100犯以上の不届者なのだ。


そんな傍若無猿の独裁者が家の中にいるのに
油断した私も悪いかも知れないが
自分のスーパーカップを食べておきながら
父が愛する母の為に買って来た
ラブラブジャイアントコーンを
勝手に食べると言う
人の優しさを踏みにじる行為は良くない。


今日と言う今日は親として
ちゃんと言い聞かせる必要がある。😤


しかしモンちゃんは学校へ行ってもういない。
イライラがおさまらないので
とりあえず、ポケオに文句を言って
慰めてもらう事にした。


『ちょっと〜、
私のジャイアントコーンがないんだけどっ‼︎』 


『あ…それ…      


               

 

 

               僕が食べた。』

 


まさかの

 

                 “じゃない方”。

 

 


オマエかーーーっっっ‼︎

 

          💢💢💢(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

 

私の為に買ったアイスを

ホワイ?
なぜ? アナタ? 食べる?

イミガワカラナイダヨ。

 


『マ、マジで?』


『うん。 マジで。 テヘッ。』


テヘッ。じゃねーわ!o(`ω´ )o


我が家の治安の悪さたるや…
もはや誰も信じてはいけない。

全員が敵なのだ。

 


危険度レベル★★★
渡航禁止

 

 

 

 

【スポンサーリンク】